住宅の顔は玄関

婦人

玄関に重視した住居

家を建築する場合、向きや部屋数などを重視することが多いです。建売住宅のチラシは間取りや部屋数、広いダイニングルームを取り上げています。業者の狙いはここにある、ということがなんとなくわかります。きれいな部屋、広い部屋、太陽いっぱい当たる部屋。そこに気持ちが行き過ぎているようです。その結果、高い住居を買わされるはめになる気がします。家で顏となるのは玄関です。玄関に重視した住居を考えてみたらどうでしょうか。セキュリティーという点でも、ここにはインターホンが存在します。インターホンとは、電話という部分のほか、セキュリティーという部分も成り立つと思います。相手を声で確かめるという意味でも、セキュリティーの役割を持っています。家は激安の物件を買いたい、しかし激安ほど質が悪いようです。それはあまりにも欲張るからでしょうか。悪徳業者のすすめる物件は、激安ですが安普請で傷みやすかったりするようです。インターホンの持つ電話とセキュリティーの働きは、もっと重視してみる必要があります。そうすると玄関を家の顔としてとらえ、インターホンは目の部分に相当します。目は口ほどに物を言う、ということわざもあり、玄関を重要視するという姿勢は、業者の選択にも通用する思考を持つことになります。つまり、「激安の裏に隠れた真実を暴く推理力」を身につけさせる力になると思います。これは現代社会において、最も大事なことと言わざるを得ません。なぜなら多くの不合理が世の中には存在するからです。

Copyright© 2017 インターホンの音が鳴らなくなったら|すぐに業者に修理を頼もう All Rights Reserved.